GWのお休みのお知らせ

4月29日(日)~5月6日(日)は年間カレンダー通りお休みになります。

間違えて塾に来て、「開いてない!ヤバイ!送ってきてくれた親が帰ってしまった!」なんてことがないようにしてくださいね。

中学生は中間テストまで少し期間がありますが、高校生はテストが近づいてます。

特に高3は、5月6日に全統マーク模試がありますね。まだまだ仕上がっていない時期なので、それほど気にしなくていいですが、こういった機会に理科・社会の暗記物を集中的にやるのもいいですね。

また、2月にあったマーク模試の復習をしておくと、英語や国語の感覚が戻るので、ぜひやってみてください。特に現代文の解説をしっかり読んでほしいですね。

高1数学の数Aはどこから?

高2数学で各学校の数Bのスタートはとりあえず分かりました。

江南高校はベクトルからでしたね。(←予想はずれ)

で、今日の話題は高1。

高1の数Aって、教科書の初めから勉強する学校があるけど、これってかなり分かりにくいですね。やっぱり数Ⅰの集合を学んだ後に数Aの「集合の要素の個数」を勉強しないと、スムーズに理解できないと思います。もし、それで悩んでる人がいたら、ぜひ数Ⅰ集合を確認してくださいね。

そして、犬山・扶桑の人は2学期制になれているので、テストが近づいてきてる感覚の人が少ないです。恐ろしい速さでテストが迫ってきます!(あえて「早い」ではなく「速い」ですよ!)

もう少しで、GWです。気を引き締めて頑張りましょう!

 

 

高2数学はベクトルか数列かどっちから?

例年、高校生の数学を指導していてこの時期気になることは、数Bで教科書通りベクトルから始める学校と、ベクトルをとばして数列から始める学校に別れることです

で、塾ではいつも教科書順に進めたいので、ベクトルから入っていましたが、数列から始まった学校の生徒には本当に申し訳なく感じていました。(とりあえず、今年度小牧南は数列から決定。たぶん江南も数列でしょう。西春は今のところ配付されたプリントではベクトルから入りそうな文言。丹羽は例年ベクトルから)

でも、今年からは映像授業なので、どちらから入っても大丈夫。その心配はいりません。

ただ、作成しなきゃいけない私にとっては、ベクトルも数列も同時に作成しないといけないので、正直大変になります。締め切りに追われる漫画家の心境ですね。

でも生徒のみんなも頑張るから、私も頑張ろう!

いよいよ学校もスタート!

各学校が入学式、始業式を終え、いよいよ本格的に学校生活がスタートしました。

授業も今日あたりから始まるようで、いよいよ本当に新学年が始まった感じがします。

私たち塾講師はこの時期が一番落ち着いていて、いろんなものを作成したり、準備したりしています。

この時期特に大事にしているのが、小中学生保護者様とのご面談です。(入校して1ヶ月未満の方は入校の際にご面談しているので今回はありません)やはり、ご家庭での様子などをお聞きしたり、できていることや課題についてお話しさせていただくのは、お子様の成績を伸ばすきっかけになりますね。

そして、この時期に行っているのが、今年度入試についての検証です。入試問題の分析だけでなく、動向なども調べています。また、一年間の指導の中で、良かったこと悪かったことなど、改めて確認することもこの時期に行っています。

これらを活かして、またスタートし直す感じですね。まずは中学生・高校生ともに初めのテストで点数を上げられるように、頑張ります!