冬期講習準備!(受験生と高2)

いよいよ、今度の月曜日から冬期講習が始まります。

中3生は、ほぼ毎日ありますね。

高3生は選択なので、多くとった子はかなりのボリューム。

そして、何より高2生。

当校では、受験生以外、基本的に季節講習はないんですが、高2の冬期講習だけあるんです。

受験までの残り日数は、残り1年ちょい。

ここで、受験生になる意識付けが重要になります。

だからこそ、ACC予備校では高2の冬期講習は大切にしています。

開校当時、冬期講習は受けたいんだけど、学校の用事で欠席する子がいて、「先生、どうしよう?」という相談を受けました。

じゃあ、ビデオを撮ろうということになり、その時から欠席者向けにビデオ撮影することになったんです。(←懐かしいなあ)

ということで、英語と数学だけですが、12月28日から高2冬期講習は始まるので、気合い入れて準備しています!

これが更新ボタン押し忘れか〜

ここ最近は頑張ってブログを更新していますが、昨日ちゃんと更新ボタンを押したつもりなのに、忘れていたようです。(←言い訳じゃないよ!)

友人の塾ブログ(総合学習塾With @豊田)でも、よく更新ボタンの押し忘れについて、書いているんです。そんなことあるんだ〜。栗下先生ったら、と思っていたら、自分がやってしまいました。

決して老化ではないですよ。(←そう願う)

きっと、パソコンのせいです!(←そう逃げたい)

ということで、押した後に、ちゃんと反映されているか確認することにします。

生徒のみんなも、数学の問題を解き終えた後、計算ミスしていないか確認しようね!

私立高校入試の解説動画を作ります!

昨日、高2で数学選択している生徒には、「冬期講習はこんなテーマでやっていくよ!」という動画を作り、それをYouTube にアップしたものをLINEで送りました。(←すごい時代だ)

これって、もっと活用した方がいいんじゃない?

私立高校の過去問とかの解説を動画にすればいんじゃない?

となりました。

よし!思い立ったら、すぐ行動!

早速、今日撮影してみました。

うーん。

やっぱり、ちょっと編集しないとわかりにくいかも。

一応、普段の映像で編集しているので、多少触ることはできますが、今の子達はYouTube が基準だからハードルが高いからなあ。

ちょっと編集も頑張ってみます。

これがうまくできれば、塾に来て過去問解説が見れる。

頑張って作りますが、

全部出来ないときは許してね!

来年度変更点①扶桑校高3生!

2年前まで扶桑校の高校生は個別指導のみの対応でした。

ですが、2年前から高校生のシステムを変更したので、扶桑校でも犬山校と同じように対応できるようになりました。(私たちACC予備校の講師が撮影した映像授業を見る→問題を解く→先生に質問できる!)

そして、いよいよ高3生。

高3生は映像授業ではなくライブ授業なので、どうしようか思案していたところ、いつもコピー機でお世話になっている会社さんから、「遠隔の会議システムの精度が上がっているので、授業で活用されてはどうですか?」というご提案がありました。

で今年の10月に名古屋伏見のキャノンギャラリーで動作確認などをさせてもらいました。

確かに綺麗に見えるし、音声もしっかり聞こえる。これなら授業で活用できるということになり、2020年度より扶桑校でも高3生を募集することになりました。

ROUND1のパクリじゃありませんが、「ACC予備校LIVE!」

まずはこの冬期講習の高2生から利用することになります。

ということで、生徒の皆さん。大きなモニターやパソコンなどがあると思いますが、いたずらで触らないようにして下さい!!

2日間お休みでした

月曜日、火曜日とお休みをいただいておりました。今日から再開です。よろしくお願いします。

いよいよ冬期講習の時期になってきました。

当校の冬期講習は長いんです。

中学部と高校部があり、高校部はセンターが近いので、年末は12月31日まで、年始は1月2日から始まります。

ということで、この時期に少しお休みをいただいております。

私はこの期間、冬期講習の準備と家族サービスをさせていただきました。

2人の息子と公園に行って遊んだりして、リフレッシュできました。

ここから入試まで、しっかり頑張れそうです!

生徒のみんなも少しリフレッシュして頑張ろうね!

浪人生を励ましてきたぞ!

受験も迫ってきました。

昨年、残念ながら志望校に届かず、でも妥協したくないということで、止むを得ず浪人した生徒がいます。

(私は、そのこだわりに賛成も反対もしません。そこは個人の判断なので。)

でも、浪人した場合、やっぱり孤独になることもあるので(←経験者は語る)、支えになってあげたいんです。

だから、浪人しても、必ず途中経過を報告してねって伝え、色々アドバイスしています。

で、昨日の授業終了後に、その生徒とご飯に行ってきました。

やっぱり浪人は大変なプレッシャーだね。ま、これは現役でも同じだけど、本当に時間がなくなってきてるし、現役が伸びてきて、ますますプレッシャーに感じるんだよね〜(←経験者は痛いほど分かる)。

でも、この経験は将来必ず糧になります。

ここで自分に負けずに頑張ってね。

最後の最後まで応援してるからね!

江南高校と丹羽高校の間の学校が欲しい

ここ数年での江南高校の上昇がすごいです。

合格者の平均偏差値 60.2

合格者の平均内申 37.9

これは、愛知全県模試の追跡調査資料なので、かなり信憑性が高いですね。

一方、丹羽高校は

合格者の平均偏差値 49.7

合格者の平均内申 30.0

とかなり差がついてしまっていますね。

同じ1群でAグループとBグループなので、この2校での受験が可能なんですが、如何せん差があり過ぎなんです。

また、この間の学力の生徒が本当に多くいるんです。

じゃあ、その間で受験可能といえば、小牧南(Bグループ)、一宮南(Aグループ)、尾北(Bグループ)。

小牧南も丹羽同様下がってきている。

一宮南はちょっと通いにくいし…。

尾北は今年上がっていますが、学校自体が受験というムードという点でちょっと弱い。

どこも、一長一短あって、その選択が難しいですね。

じゃあ、どうれば良い?

私は、丹羽高校で充分に大学受験は可能だと思います。

ただし、入学してからも、しっかりその意識を維持していくことが条件です。

以前よりも少し受験体制も弱くなっていると感じますが、それほど無理なく高校内容が進んでいくので、うまく吸収できれば、逆に江南行かなくて良かった生徒は何人も見ました。

ということで、一人一人状況は違うので、一概には言えませんが、

まあ、江南がダメだったとしても、大丈夫。

心配せず、丹羽高校で頑張れば、国立大合格も不可能ではありません。

実際、昨年も当校では丹羽高校から、

名古屋大学

愛知教育大学

岐阜大学

福井大学

に合格しました。

10年以上連続でうちの丹羽出身卒業生が国公立に合格しています。

だから、大丈夫。

いよいよ中3生も人生において重要な選択。

頑張ってるのに、性格が控えめで、あまり上手に内申をもらっていない生徒とか見ると、本当に可哀想です。

でも、大丈夫。高校がすべてではない。その先の方が重要だ。

頑張れ中3生!

来年度の予定を作成中

多くの塾と同じように、当校でも新年度のスタートは3月になります。

例年、テストが終わって落ち着いたこの時期に新年度の準備をしています。

来年も新たな試みを取り入れます。詳しくは完全に決まってから、お伝えしたいと思います。

どうしたら、もっと勉強を楽しめるか、もっと成機が上がるかを考えて、色々検討したいと思います。

今いる生徒の皆さんと保護者の方に満足してもらえるように、いっぱい工夫したいです。

中学生・高校生の対策終了!

本日をもって、11月から始まったテスト対策がようやく終了。

やっと、通常授業に戻れます。

長かった〜。

でも、この期間に生徒の状況がわかり、色々アドバイスできるので、大事な時間です。

どの学年も、2学期って本当にレベルが上がるんです。

その上、この時期のテストは前回のテストから期間があまりたっていない。だから、いつも練習量でカバーしていた人は、いつもより練習不足になることがある。

毎年のことながら、もっと早めに仕上げるように伝えるべきだった生徒が何人かいるので、後悔しています。

よし、次回までは時間がある。

もう一度、今回の内容を復習して、しっかり身につけてもらおう!!

当校では、テストが悪かった場合、そのフォローもしています。分からないまま、残しておくことは絶対に良くないです。せっかく、テストで課題が見つかったんだから、そこをしっかり埋めておかないと。

さあ、次のテストに向かって頑張ろう!!

でも、丹羽高校と春日井西、小牧工業の生徒は、まだテストが残ってる。

最後まで頑張ろうね!!

カーリングシトーンズに夢中だ。

今日は趣味のお話。

48歳の私は、高校生当時、いわゆるバンドブーム全盛期。

特にイカ天が好きで(今の子たちが聞いたら食べ物ですか?って感じ)、その中でもFLYING KIDSというバンドが大好きでした。今でもそのボーカルの浜崎貴司が出しているアルバムはすぐに買ってダウンロードしています。

また、斉藤和義も大好きで、これもほとんど買ってます。

で、先日毎週楽しみにしている深夜番組の「有吉ジャポン」を見ていたら、なんと、この2人どころか、奥田民生・トータス松本・寺岡呼人・YO-KING(真心ブラザーズ)も加えて計6人で、新しいバンドで登場。

もう目が覚めて、食い入って見てしまいました。

すぐに、iTunes で予約して購入しました。

カッコいい…。

大人の遊びでありながら音楽性がすごい。

こんな50代になりたい。(ちょっと自由すぎる人たちだけど…)

ということで、私自身も塾という仕事で、こんなに楽しんでいるかと自問自答してしまいました。

目一杯楽しんでいるとは思うんです。

ホント楽しいです。

でも、生徒や他の先生に、この楽しさが伝わっているかなあと思っています。

やっぱり、もっと楽しんでいるところを見せたい。

ふざけてやるときもあるけど、クオリティーはすごく高い。

そんな塾の授業にしたいですね。

楽しい授業で、よくわかる。そして、成績もあがってるぜ!

そんな塾にしたいと思いながら、カーリンシトーンズを聞いています。

かっこいい50代を目指すぞ!!