江南高校と丹羽高校の間の学校が欲しい

ここ数年での江南高校の上昇がすごいです。

合格者の平均偏差値 60.2

合格者の平均内申 37.9

これは、愛知全県模試の追跡調査資料なので、かなり信憑性が高いですね。

一方、丹羽高校は

合格者の平均偏差値 49.7

合格者の平均内申 30.0

とかなり差がついてしまっていますね。

同じ1群でAグループとBグループなので、この2校での受験が可能なんですが、如何せん差があり過ぎなんです。

また、この間の学力の生徒が本当に多くいるんです。

じゃあ、その間で受験可能といえば、小牧南(Bグループ)、一宮南(Aグループ)、尾北(Bグループ)。

小牧南も丹羽同様下がってきている。

一宮南はちょっと通いにくいし…。

尾北は今年上がっていますが、学校自体が受験というムードという点でちょっと弱い。

どこも、一長一短あって、その選択が難しいですね。

じゃあ、どうれば良い?

私は、丹羽高校で充分に大学受験は可能だと思います。

ただし、入学してからも、しっかりその意識を維持していくことが条件です。

以前よりも少し受験体制も弱くなっていると感じますが、それほど無理なく高校内容が進んでいくので、うまく吸収できれば、逆に江南行かなくて良かった生徒は何人も見ました。

ということで、一人一人状況は違うので、一概には言えませんが、

まあ、江南がダメだったとしても、大丈夫。

心配せず、丹羽高校で頑張れば、国立大合格も不可能ではありません。

実際、昨年も当校では丹羽高校から、

名古屋大学

愛知教育大学

岐阜大学

福井大学

に合格しました。

10年以上連続でうちの丹羽出身卒業生が国公立に合格しています。

だから、大丈夫。

いよいよ中3生も人生において重要な選択。

頑張ってるのに、性格が控えめで、あまり上手に内申をもらっていない生徒とか見ると、本当に可哀想です。

でも、大丈夫。高校がすべてではない。その先の方が重要だ。

頑張れ中3生!